介護方針”自立支援”

介護

人を介して利用者さまの尊厳を護る(まもる)

・人を介して行うことを大切にする

・人を介して心を支える

・人を介して介護する

 

自立支援

利用者さまの自分でできることを増やすことにより選択肢を増やす

・利用者さまの目標を達成するために“自分でできること“を増やす

・できることを奪わない“待つこと“を大切にする

・いなほの基本ケアの徹底

 

心を支える

人にしかできないケアをする

・利用者さまの寂しさを理解する

・ご家族の心を支える

・ターミナルケアを行い、最後まで付き合う

 

 いなほの里が考える自立支援とは、“利用者さまの自分でできることを増やすことにより、利用者さまの選択肢を増やすこと”だと考えています。そのため、生理学や生活リハビリを取り入れた介護を実践し、日々、自立支援のための“いなほの基本ケア”の確立・進化に向けた取り組みを行っています。

 具体的な取り組みとしては、定期の自立支援ケア研修を行い、毎月1回の地域ケア会議へもローテーションを組み複数名ずつ職員が参加し、自施設でのケア会議・事例検討に反映させています。職員の資格取得や他都道府県で行われる介護・医療に関する研修への参加も支援し、“現在のケアを常により良いものへ進化させていくこと”を職員一同、一丸となり取り組める仕組みができています。

 また、いなほの里では、大切なご家族を寝たきりにさせたくない在宅介護中の地域の方、近隣の介護職員の方にも自立支援のための基本ケアを広めていきたいと考えており、介護の基本を教えることが出来るエリート職員の養成にも力を入れています。

いなほの基本ケア(自立支援ケア)

① 換気をする

 朝・昼・夕、しっかりと外の自然の空気を取り入れて、部屋の空気を清潔に保ちます。生きた空気を吸うことが健康を保つための第一歩です。また、換気をして高い湿度を保つことは、感染症を予防するためにとても大切です。寒い日はみなさんがカゼを引かないよう工夫するのがプロの換気です。

 

② 水分ケアをする

 利用者のみなさまは1日平均1.5リットルの水分を摂取しています。水分が足らないと頭がはっきりしないので、朝起きたらすぐにぐいっと一杯美味しいものを飲みます。水分が多いと便秘も解消され、お腹もスッキリします。十分な水分は、心も体も元気にしてくれます。

 

③ トイレに座る

 水分をしっかりととって、食物繊維をしっかりとって、適度な運動と生活リハビリで身体の調子を整えたら、トイレに行って便器に座ります。このトイレに行って便器に座る習慣が排便を促します。トイレに連れて行くのは介護の最優先の仕事です。時々、失禁することもあるかもしれませんが、おおらかに対応します。

 

④ あたたかい食事をする

 あたたかい食事とは、こころの温まる食事です。みんなで、出来たてのものを食べます。料理は見た目も食べる順番も大切です。できるだけ”普通の食事”を”我が家の食べ方”で食べ続けることができるように、しっかりとお口の健康を保ち、食事しやすい高さの椅子とテーブルを使用します。

 

⑤ 生活リハビリをする

 できることはゆっくりでも自分で行ってもらいます。できることを奪わない“待つこと”を大切にして、安全に生活リハビリができる環境を整えます。食事の席につくのと、トイレに行くだけでも1日20回のスクワットができます。色々な生活動作がリハビリになります。介護士の仕事は、本人のやる気を引き出すことです。