社会貢献活動

彩の国あんしんセイフティネット

当法人は、彩の国あんしんセイフティネットに参加しており、特別養護老人ホームいなほの里内に相談窓口を設置しています。お悩み事や心配事のある地域の方々の相談を受け、訪問相談、制度へのつなぎ、経済的支援を行います。

詳細については以下のファイルをご覧ください。

彩の国あんしんセイフティネット.pdf
PDFファイル 10.5 MB

はたらき方改革

正規雇用の創出、少子化への対応

当法人は、多様なはたらき方の実現に取り組み、一人でも多くの正規雇用労働者を生み出します。一人でも二人でも正規雇用ではたらける方を増やし、仕事と家庭を両立できる職場を環境を造り、子供のいる家庭を増やせるよう取り組んでいます。

 

社会に対するメリット

①仕事と子育ての両立の実現を通じた、少子化への対応

②仕事と介護の両立の実現を通じた、高齢化への対応

③労働力人口の減少への対応、女性、高齢者等の「全員参加の社会」の実現

いきいきシニア雇用

当法人は、多様なはたらき方の実現に取り組みます。”仕事に合わせて人を採用する”から”人に合わせて仕事をつくる”を実現します。高齢になっても”住み慣れた地域でいきいきと活躍できる”よう、地域の方々の役割を創出します。一人でも二人でもいきいきと地域で活躍できる方を増やし、元気に年をとれる町づくりに貢献します。

 

社会に対するメリット

①住み慣れた地域でいきいきと活躍できる、元気に年をとれる町づくり

②アクティブシニアにそれぞれの役割を創出することで、ゼロ次予防への貢献

③労働力人口の減少への対応、「全員参加の社会」の実現

地域貢献活動(地域つながり員制度)

いなほの認知症カフェ

目的:

地域住民の認知症に対する理解を深める

地域住民の認知症を予防する

内容:

地域つながり員による”認知症カフェ”を定期的に開催しています。

14時00分~14時20分 笑いヨガ

※まずは笑いヨガで気持ちをほぐします。笑いヨガの詳細についてはこちら

14時30分~16時00分 認知症や高齢期に関する学習会

※DVDや資料等を用いた勉強会を行い、認知症や高齢期についてみんなで勉強します。認知症のことだけでなく、終末期のことなどについても、地域のみなさまと共に理解を深めていきたいと思います。

日時:毎月、第4土曜14時~16時

費用:無料

その他 地域における公益的な活動

 社会福祉法人の使命として、地域における公益的な活動に積極的に取り組みます。白岡市老人福祉センターで月2回の生活相談を行っています。その他、認知症カフェや白岡市との協力による過疎地域における買い物支えあい実証実験事業(期間20192月~20193月:2月25日埼玉新聞掲載)なども行っております。

 小さな法人ですので、力量不足で需要に対してまだまだ十分な地域貢献はできていないのが現状です。人の手助けが必要な方々は地域に大勢いらっしゃいます。

 みなさんの力を私たちに貸してくれませんか?

 

外部への講師派遣

平成30年度 実績

【埼玉県主催】

  看取り体制強化事業介護施設における看取りケア研修(管理者編)

 

【藤仁館福祉医療カレッジ主催】

  これからの介護“自立支援ケア講座”

  介護の仕事に就く前に、知っておきたい看取りのこと講座

 

平成31年度 予定

【埼玉県社会福祉協議会主催】

  自立支援介護導入に向けた実践的研修

 

白岡市のりあい交通

白岡市のりあい交通の乗降場所を施設敷地内に設けています。

暑い日や寒い日、雨の日や風の日は、地域の方も施設館内にてお待ちいただけます。

※インフルエンザが流行る時期は入館の制限がございます。