ようこそ!いなほの里ホームページへ

 はじめまして。社会福祉法人 白岡白寿会 特別養護老人ホーム いなほの里です。

当施設では「安心・やすらぎ・あふれる笑顔」をモットーに個人の尊厳を尊重した介護を実施しています。日々、一つでも多い笑顔が生まれるように職員一同で努めています。

 また、各職員がそれぞれのキャリアパスに応じた研修を計画的に受講できるよう支援し、介護業界のプロフェッショナルの育成に力を入れています。

 

居宅介護支援事業所、訪問介護事業所新規開設

平成30年4月より、地域の在宅介護に貢献できるよう新規事業を開始しております。

 

 話しやすいケアマネージャーと自立支援ケア(「自分でできる」を増やす介護)を実践できる訪問介護職員を配置しています。

 新たにケアマネージャーをお探しの方や訪問介護サービスをお探しの方は、お気軽にご連絡ください。

 

いなほの介護相談窓口:介護のお悩みを解決する相談窓口

 介護についての「わからない」や「お困りごと」をあなたと一緒に考える、いつでも聞きやすい、話しやすい相談窓口です。利用者さまそれぞれに合ったケアプランを提案いたします。

 介護保険のことや要介護認定の手続きなど、専門のケアマネージャーにご相談ください。

 

いなほの訪問介護:「自分でできる」を増やす訪問介護

 高齢者の「自分でできること」を増やすための自立支援介護を行います。本人の自立は、在宅介護の負担を軽減します。

 本人を主体とした自立支援を基本とし、必要時には日常生活の援助も実施します。

 

オンコール対応可能な看護師さん募集

オンコール対応可能な看護職員(正職員)を1名募集中です。

【募集中】看護職員(正規職員)

 

土日にはたらける看護師さん募集(いなほの里)

 子育て世代の職員に代わって、土日のお手伝いをしていただける看護師さんを募集中です!子供の部活動に協力したい、小さいうちはできるだけ一緒に過ごしたい、そんな世代に力を貸してくれませんか?

年齢・経験不問!Wワーク大歓迎!

土曜のみ、又は日曜のみでもOK!

パソコンができなくても、電子カルテが入力できなくてもOK!

【募集中】看護職員(土日パートタイム)

 

訪問介護管理者・サ責募集

平成30年4月に開始した、これからの訪問介護事業所です。

たん吸引まで行える中重度対応が得意な方、ケアマネージャーや家族との連絡調整が得意な方など、それぞれに長所のあるスタッフがいます。

法人としても事業所としても訪問介護の経験が浅いため、事業所を作り上げるサービス提供責任者の経験が豊富な方を探しています。

【募集中】訪問介護管理者

【募集中】サ責(管理者候補)

 

土日の昼2時間短時間介護(補助)パート募集(いなほの里)

土日・昼の短時間パートさん募集です!

無資格の方も可、資格者尚可!

年齢・経験不問!Wワーク大歓迎!

土曜のみ、又は日曜のみでもOK!

健康維持と認知症予防は、社会参加(お仕事)から!

土・日の12時~14時の時間帯のみ募集中です!

 

認知症カフェの冬季休業(4月まで休止中)

会場が特別養護老人ホーム内であるため、

平成30年11月~平成31年4月まで、

感染症予防のため冬季期間は休止しています。

 

4月になりましたら再開予定です。

内容:

14時00分~14時20分 笑いヨガ

※まずは笑いヨガで気持ちをほぐします。笑いヨガの詳細についてはこちら

14時30分~16時00分 認知症や高齢期に関する学習会

※DVDや資料等を用いた勉強会を行い、認知症や高齢期についてみんなで勉強します。認知症のことだけでなく、終末期のことなどについても、地域のみなさまと共に理解を深めていきたいと思います。

 

日時:毎月、第4土曜14時~16時

費用:無料

 

関連ブログ

 

職員募集(年間休日120日、長期休暇取得可能、未経験歓迎)

engage

※求職者のみなさまが見やすいよう、試験的に採用専用ページを作りました。

ご応募・お問い合わせは、

採用ページのアカウントを作成せずに、

現在ご覧のこちらのホームページまたはお電話でも可能です。

当法人は

埼玉県介護人材採用・育成事業者認証制度において最高ランクに認定されています。

埼玉県多様な働き方実践企業(ゴールド)に認定されています。

埼玉県シニア活躍推進宣言企業に認定されています。

いなほの里の特長

① 年間休日120日リフレッシュ休暇(7日)長期休暇取得可能です。

② 多様なはたらき方の実現に取り組んでいます。

③ 研修制度が充実しており、個別にスキル・キャリアアップ支援をしています。

④ 実務者研修無料受講制度各種資格取得支援制度があります。

⑤ 職員相談窓口があり、直属の上司以外にも相談相手がいます。

  

いなほの里の一員となり働いていただける皆様のご応募をお待ちしております。

詳しくは、採用情報をご覧ください。

 

平成30年度 社会福祉法人白岡白寿会 重点モデル行動
平成30年度 重点モデル行動.pdf
PDFファイル 67.7 KB
特別養護老人ホームいなほの里 キャリアパスフレーム
特別養護老人ホームいなほの里 キャリアパスフレーム(2017.4.1版).pdf
PDFファイル 243.8 KB

新着:いなほのブログ

2019年

3月

24日

”旅する介護士”募集!こんな求人してみます。

 介護現場にはリフレッシュ休暇が必要です。旅行好きのアイデアで、こんな求人やってみます。介護業界に長期休暇は不可能だと思っていませんか? 長期休暇が取れる施設もありますよ。写真は施設長のものです。こういう価値観が通用する施設です。業界のイメージを変えていきます。

 

 介護・医療・福祉は日本の基幹産業になります。労働人口の5人に1人がこの業界で働くことになります。介護業界、もっと魅力的にしていきたいと思いませんか?

 

2つの長期休暇制度:リフレッシュ休暇とW(ダブル)ハッピーホリデー

 私たちの法人では、職員全員が”リフレッシュ休暇=7日間以上の連続休暇”を取得(原則義務)しています。リフレッシュ休暇制度に加えて、有給休暇と公休を連続で取得するW(ダブル)ハッピーホリデー制度もあります。これにより、1週間以上の長期休暇が年に2回取得できます。時期によっては、2つの長期休暇を連続して取得することも可能です。

※リフレッシュ休暇は週の労働時間に応じて付与されます。7日間は通常の正規職員(週40時間勤務)の場合です。

※特別養護老人ホームいなほの里は全職員長期休暇実現しています。いなほの介護相談窓口、いなほの訪問介護は新規事業所の為、現時点ではリフレッシュ休暇も分割して取得しています。

2019年

3月

21日

「明日から長期休暇いただきます」「楽しんで来てください」

 一番旅行好きの介護職員さんが、今日の夕方「明日から休暇いただきます。」と言いに来てくれました。3年先まで旅行計画を立てる方です。今回はプーケット(タイ)に行かれるそうです。私が「空港からパトンまでのシャトルはすごく時間かかるので、タクシーがいいですよ。」と伝えると、「迎えが来ることになってます。」とのことでした。準備周到です。

 

 デカプリオの映画、「ザ・ビーチ」のピピ島があります。バックパッカーの映画です。

日本からだとバンコク経由でアンコールワットに行って、プーケットに行って、バンコク経由で帰るみたいな組み方も14日ぐらいでもゆっくり出来ますね。

 

 やっぱりですね、希望があれば長期休暇を1ヶ月連続で取れるような法人にしたいと今日も思いました。介護人材不足は日本中そうなんですが、いなほの里に長期休暇好きでお互い様の精神がある方が後2名集まればやれるのではないか?と思います。何はともあれ、長期休暇は介護業界には必要です。体力も使うし、リフレッシュが必要ですし。

「旅する介護士募集!」的な求人の仕方が必要ですかね。

「どこか遠くに行きたい方募集!」ですかね。

自転車で日本縦断するような方もいれば最高なんですが。

しかも、ロードバイクではなく、昔の切り替え自転車”ダブルフロントライト”で。

 

何はともあれ、長期休暇を安全に楽しんで来ていただければ幸いです。

ちなみにこの方、今年の長期休暇1回目は中東に行かれていました。

2019年

3月

21日

見学・相談に来られた介護職員さんの思い

 先日、他の施設の介護職員の方が見学・相談に来られました。転職を考えているそうです。理由をいつものように質問させていただきました。今までとは違う、回答が一つあったので紹介します。当然と言えば当然な要望です。

 

今のお勤め先への要望は?

①休みが欲しい(休日出勤が多いそうです。準夜勤ありの短時間夜勤の施設だそうです。)

②残業をなくしたい(長時間の残業が多いそうです。)

③休日出勤をなくしたい(①と同じ内容です。)

④休みたい日に休みたい(希望休が取れない。長期休暇が取れない。病欠の後は菓子折りが必要という暗黙のルールがある。)

⑤ADLをあげたい思いがある(老健なのにADLを下げようとすることばかりする。)

 

⑤は介護職員さんならできるようになって欲しいとか、維持して欲しいという思いがあるでしょうから、当然なんだと思います。

こういうことを、言っていただける介護職員さんは、相談されるだけでも嬉しくなります。

 

 

いなほの里はパラダイスではありませんが、前向きに検討していただけると幸いです。

 

2019年

3月

19日

「週6回、すごいです。」習慣になるということでしょうか。

 いなほの里のパートさんへのありがとうカードです。

「週6回、すごいですね。」習慣になるということでしょうか。

こういう方にはジムは必要ないのかもしれません。

 

病気などで休まれることもなく元気に働いておられます。

健康は社会参加から、なんでしょうね。

 

労働人口が激減する時代の有力な人材としてのモデル用のような働き方だと思います。

いつもありがとうございます!

 

いわゆる一億総活躍、まだまだ潜在福祉職員はいるはずです。65歳は高齢者ではありません。働き方と内容では、75歳までは働けると思います。

ブログをお読みの皆様も、ご近所の福祉施設で働いてみませんか?

きっと今より元気になれるはずですよ!

週に数時間のパートさんも、暑気払いに忘年会に参加されて楽しまれていますよ!まだまだ現役でしょう?

 

【募集中】介護職員(朝、昼、夕 短時間パート)※現在の募集は土日の昼のみです。

 

2019年

3月

14日

”誰のための自立支援?”、そういう悩みもあります。

 家族もいない、本人も意思疎通ができない、そのような方に対する自立支援の取組に悩むこともあると思います。”誰のための自立支援?”シンプルに答えてくれた法人の介護職員さんがいます。私が直接質問してはいませんが、代わりに訪ねてくれた方が教えてくれました。素敵な考え方です。

 

Aさん:”その人ができるようになったことを、支援している私たちがうれしいと思えば、それでいいと思います。”

 

 この職員さんは10年ほど私たちの法人で働いています。社会人になってからずっと福祉一本です。”本人””家族”だけでなく、”支援する私たち”の3つの視点で介護を考えられているようです。

 

 ”誰のための自立支援?”と、お悩みの介護職員さんは、このAさんの考え方も参考にされるとすっきりすると思います。私は感動レベルの回答を頂いたと感じました。