ようこそ!いなほの里ホームページへ

 はじめまして。社会福祉法人 白岡白寿会 特別養護老人ホーム いなほの里です。

当施設では「安心・やすらぎ・あふれる笑顔」をモットーに個人の尊厳を尊重した介護を実施しています。日々、一つでも多い笑顔が生まれるように職員一同で努めています。

 また、各職員がそれぞれのキャリアパスに応じた研修を計画的に受講できるよう支援し、介護業界のプロフェッショナルの育成に力を入れています。

 

居宅介護支援事業所、訪問介護事業所について

 新たにケアマネージャーをお探しの方や訪問介護サービスをお探しの方は、お気軽にご連絡ください。

 

いなほの介護相談窓口:介護のお悩みを解決する相談窓口

 介護についての「わからない」や「お困りごと」をあなたと一緒に考える、いつでも聞きやすい、話しやすい相談窓口です。利用者さまそれぞれに合ったケアプランを提案いたします。

 介護保険のことや要介護認定の手続きなど、専門のケアマネージャーにご相談ください。

 

いなほの訪問介護:「自分でできる」を増やす訪問介護

 高齢者の「自分でできること」を増やすための自立支援介護を行います。本人の自立は、在宅介護の負担を軽減します。

 本人を主体とした自立支援を基本とし、必要時には日常生活の援助も実施します。

 

職員募集(年間休日120日、長期休暇取得可能、未経験歓迎)

engage

※求職者のみなさまが見やすいよう、試験的に採用専用ページを作りました。

ご応募・お問い合わせは、

採用ページのアカウントを作成せずに、

現在ご覧のこちらのホームページまたはお電話でも可能です。

当法人は

埼玉県介護人材採用・育成事業者認証制度において最高ランクに認定されています。

埼玉県多様な働き方実践企業(ゴールド)に認定されています。

埼玉県シニア活躍推進宣言企業に認定されています。

いなほの里の特長

① 年間休日120日リフレッシュ休暇(7日)長期休暇取得可能です。

② 多様なはたらき方の実現に取り組んでいます。

③ 研修制度が充実しており、個別にスキル・キャリアアップ支援をしています。

④ 実務者研修無料受講制度各種資格取得支援制度があります。

⑤ 職員相談窓口があり、直属の上司以外にも相談相手がいます。

  

いなほの里の一員となり働いていただける皆様のご応募をお待ちしております。

詳しくは、採用情報をご覧ください。

 

2019 年度 社会福祉法人白岡白寿会 重点モデル行動
2019年度 重点モデル行動.pdf
PDFファイル 64.7 KB
特別養護老人ホームいなほの里 キャリアパスフレーム
特別養護老人ホームいなほの里 キャリアパスフレーム(2017.4.1版).pdf
PDFファイル 243.8 KB

新着:いなほのブログ

2019年

8月

09日

老後資金問題と退職金。現役世代の皆様、大丈夫ですか?

 現役世代のみなさまは、是非一度ご自身の退職金について考えて見られてはいかがでしょうか。退職金がない、退職金に期待できない、それはとても危険なことだと思いますよ。

 あてにできないと思われたら、すぐに資産形成を考える必要があるのではないでしょうか。

 私たちの法人では、真面目にコツコツと働いた方ができるだけ豊かな老後を迎えられるよう、しっかりとした退職金の仕組みがあります。退職金と貯金、今後とても大切です。人生100年時代ですから。あとは、健康ですね。ライフワークバランスです。

2019年

8月

09日

お盆特集、家族会議と人生会議。

 お盆特設サイト的なロビーの談話室にしています。相続等、事務的なことは意外と大変です。参考になりそうな雑誌や書籍を置いておりますのでご活用ください。
 相続セミナーも開催です。専門家の話を聞いてみませんか?

 また家族会議に人生会議、お盆でご家族が揃うことも多いでしょうから、この機会にブログをお読みの若い世代の方もご自身の好きなこと、大切にしたいことなど明るいことだけでもご家族やご兄弟とお話しされてみてはいかがでしょう。ACP「アドバンス・ケア・プランニング」といって、今にその必要性の認識が高まっています。本人の思いと価値観、早い段階で知ってもらうことが本当に大切ですので。

2019年

8月

03日

今日はかなりヒットしました。

 今日の研修はかなりヒットしました。リーダークラスの職員さんから順次受講してもらうことになると思います。職員さんで受講して、自分たちの現場に活かしていってもらえればいいなと思います。やっぱり介護の仕事は深めていくと専門職の仕事で夢がある、と思っていただけるはずです。
 色んなご縁があります。今日の研修のパートナーになった方はある会社のAI事業部の方で、最近関わりのある介護現場のシステムや研修講師の方などの共通の接点ばかりでした。世間は狭いです。
 色んな研修に行かせてもらい、法人と職員の皆様には感謝するしかありません。埼玉の介護人材不足はとてつもないですが、そんな中でこの法人で働いていただける方が多数いて、新しい取り組みにチャレンジしてくれて、本当にありがたいです。

2019年

8月

02日

介護の専門性向上のための研修を下見に行きます。

 本日は介護の専門性向上のための研修を都内へ下見に行っています。生活リハビリや科学的介護も下見に行って、職員に受講してもらって、みんなで取り組んでという順でコツコツと取り組んでいます。
 以前より、ある認知症ケアを法人に取り入れようと思っていましたので、職員方々に受講していただく前の下見です。本やDVDでは伝わらない部分もあると思いますので、受講してもらうのが一番だと思っています。
 現在、私たちの法人のいわゆる必須な介護職員向け資格取得支援は、初任者研修、実務者研修、喀痰吸引等研修です。介護福祉士やケアマネは受験なので、該当者のみ支援しています。新たにこの〇〇〇〇〇〇〇という認知症ケアを資格取得支援に追加予定です。このケアの導入で、法人の介護現場がまた変わり、職員の専門性向上に繋がり、やりがいが増せばいいなと思います。
 こちらの研修も、職員さんに全体に順次受講していただくことが決定した際には、出張扱いで全額費用負担です。楽しみです。
 なんとなくやってきたこと、なんとなく感じてきたこと、やっぱりそうだったんだ、そうすればもっと良かったのか、という感想が出るのが、理論に基づいた介護だと思います。身体的自立支援ケアは2021年には常識になり、次は理論と根拠に基づいた認知症ケアも拡大していくと思います。
 介護って面白い仕事だと思います。そう思っている介護職員の皆様を支援していける仕事も面白い仕事だと感じています。やっぱり良い業界です、今後もっと良くなるでしょうね。

2019年

8月

01日

自立支援介護導入に向けた実践的研修、既に70名のお申込みです。

 

 自立支援介護導入に向けた実践的研修「実践者向け」を、いなほの里が担当させていただきます。先ほど大変うれしいお知らせがありました。現在、既に70名の参加申込だそうです。予想以上の速さで席が埋まっていっております。介護職員さん以外にもぜひ参加しいただきたいと思います。介護施設で働かれている看護師さんもいかがでしょうか。自立支援ケア導入は看取り体制と同様に、待ったなしで進んでいます。待機者が数十名常にいる特養と、まったくいない特養。特養は2極化しています。

 

以下、7月14日のブログより

 

 自立支援介護導入に向けた実践的研修のチラシが社協のページに掲載されました。

先ほど研修用のパワポ資料が完成しました。研修が5時間ですから、資料も結構な量で158スライドです。今、介護業界に必要なケアを時間の許す限り紹介したいと思います。100%でできている訳ではありませんが、考え方・取り組み方はお伝えできます。今までに、自立支援介護などの研修を受けたことのない方であれば、何か大切なことが変わるはずです。あとはワークシートの作成です。みなさんに楽しんでいただけるように、ユーモアだけでなく、しっかり作り込みます。質疑応答は現場のスタッフも参加します、お誘い合わせの上、是非ご参加ください。

 

以下、6月27日のブログより

 

いよいよこういう時代になりました。

自立支援ケア研修を埼玉県社協主催で行います。
科学的介護と言われたり、生活リハビリと言われたり、リエイブルメントケアと言われたり。呼び方は様々ですが、「お世話するのが介護ではない」という感覚が少しでも多くの方に伝わるといいと思います。
 
「利用者の自分でできることを増やすのが介護」ということです。
 
 国の介護に対する期待が変わりました。予防と自立支援です。ですので、自立支援ケアを行うと施設が決めた場合、介護職員さんは今までと違うことを中心にケアをすることになると思います。はじめは疑問もあるでしょうし、どうせできないという方もいると思います。それを承知の上で、まずは1つでも多くの施設に取り組んでいただきたいと思います。特に特別養護老人ホームで。看取り体制強化の中心である特養で取り組んでいただきたいというと矛盾するように思われがちですが、しっかりと理由を理解していただけると思います。
いなほの里は自立支援ケアに取り組む施設です。オムツゼロ達成!とか、〇〇ゼロ!とかそういう施設ではありませんし、研修でお伝えするケアを100%でできているわけではありません。だから今、過渡期をみなさんにお伝えできます。挫折しない取り組み方をお伝えできると思います。
「経営者管理者向け」と「実践者向け」の2日間です。いなほの里の担当は、「実践者向け」です。理事長が講義、各種スタッフで質疑応答のスタイルで行います。現在リーダークラスの方、次世代のリーダークラスの方、ケアマネジャーの方、特養の看護職の方、若い経営者の方に来ていただきたいと思います。チームプレイが大切です。そして経営者の方には取り組むメリットを感じていただけると思います。取り組んだメリットは職員に還元していただければ幸いです。
 
賛同いただける皆様と、介護を魅力的な業界にしたいと思います。