ようこそ!いなほの里ホームページへ

 はじめまして。社会福祉法人 白岡白寿会 特別養護老人ホーム いなほの里です。

当施設では「安心・やすらぎ・あふれる笑顔」をモットーに個人の尊厳を尊重した介護を実施しています。日々、一つでも多い笑顔が生まれるように職員一同で努めています。

 また、各職員がそれぞれのキャリアパスに応じた研修を計画的に受講できるよう支援し、介護業界のプロフェッショナルの育成に力を入れています。

 

居宅介護支援事業所、訪問介護事業所について

 新たにケアマネージャーをお探しの方や訪問介護サービスをお探しの方は、お気軽にご連絡ください。

 

いなほの介護相談窓口:介護のお悩みを解決する相談窓口

 介護についての「わからない」や「お困りごと」をあなたと一緒に考える、いつでも聞きやすい、話しやすい相談窓口です。利用者さまそれぞれに合ったケアプランを提案いたします。

 介護保険のことや要介護認定の手続きなど、専門のケアマネージャーにご相談ください。

 

いなほの訪問介護:「自分でできる」を増やす訪問介護

 高齢者の「自分でできること」を増やすための自立支援介護を行います。本人の自立は、在宅介護の負担を軽減します。

 本人を主体とした自立支援を基本とし、必要時には日常生活の援助も実施します。

 

職員募集(年間休日120日、長期休暇取得可能、未経験歓迎)

※こちらの画像をクリックすると新しい法人採用ページに移動します。

 

engage

※こちらの画像をクリックするとインディード版法人採用ページに移動します。

 

社会福祉法人白岡白寿会は、医療・福祉業界で唯一の

work with Pride「PRIDE指標2019」GOLDの認定を受けたALLY(アライ)企業です。

 

埼玉県介護人材採用・育成事業者認証制度において最高ランクに認定されています。

埼玉県多様な働き方実践企業(ゴールド)に認定されています。

埼玉県シニア活躍推進宣言企業に認定されています。

いなほの里の特長

① 年間休日120日リフレッシュ休暇(7日)長期休暇取得可能です。

② 多様なはたらき方の実現に取り組んでいます。

③ 研修制度が充実しており、個別にスキル・キャリアアップ支援をしています。

④ 実務者研修無料受講制度各種資格取得支援制度があります。

⑤ 職員相談窓口があり、直属の上司以外にも相談相手がいます。

  

いなほの里の一員となり働いていただける皆様のご応募をお待ちしております。

詳しくは、採用情報をご覧ください。

 

2019 年度 社会福祉法人白岡白寿会 重点モデル行動
2019年度 重点モデル行動.pdf
PDFファイル 64.7 KB
特別養護老人ホームいなほの里 キャリアパスフレーム
特別養護老人ホームいなほの里 キャリアパスフレーム(2017.4.1版).pdf
PDFファイル 243.8 KB

新着:いなほのブログ

2019年

10月

23日

【令和元年度自立支援介護導入に向けた実践的研修質問用紙 回答一覧 (8月29日実施)】埼玉県社協HPに公開されました。

【令和元年度自立支援介護導入に向けた実践的研修(8月29日実施)】に参加された皆様へ

 

大変長らくお待たせしてしまい申し訳ありませんでした。

(1週間程度で公開できればよかったのですが、本当に時間が掛かってしまいました。)

質問への回答一覧が、埼玉県社協HPに公開されました。

これから取り組まれるみなさまの一助になれば幸いです。

https://www.fukushi-saitama.or.jp/site/welfare_5.html

 

いなほ塾についてです。

近隣の他事業所職員さんも参加して頂け、事業所の垣根を越えて現場の介護士が交流できたと思います。第1回目に参加できなかったみなさまも、第2回に是非ご参加いただければと思います。良い仲間を埼玉県内で作っていくことも大切なことだと思っています。

自立支援ケアで介護の仕事が”プロの仕事””やりがいのある仕事””うれしいと思える仕事”と感じる介護士を増やしていければ幸いです。みんなで何かに取り組むこと自体を楽しむことも大切なことだと思います。

 

”自立支援ケア”や”おたがいさま”というキーワードがたくさん出てくるようになると思います。参考までに、職員インタビューページを読んでいただければと思います。

https://recruit.inaho.or.jp/interview/

 

インタビューを読んで、やる気になったら いなほ塾 に来てください。

グループで参加しても、1人で参加してもOKです。

介護の仕事が好きな介護士に出会えますよ!

同志を増やして、埼玉県のみんなで魅力的な仕事にしていきませんか?

 

2019年

10月

20日

いなほ塾、第2回の告知です!

いなほ塾、第2回の告知です。
「便秘と下剤とタイミング」です。資料はまだ見せてもらっていませんが、大切なことです。下剤を減らすために、介護士ができるケアをしっかり行うことが前提であり、大切だと思います。
第1回目に参加できなかった方も、是非ご参加ください!

以下、第1回目の告知より再掲です。

 以前、介護職主体の集まりの場がないなら作ればいいとブログに書きました。いなほの里スタッフをリーダーに、介護に関わる方の”通いの場”作りました。ぜひご参加ください。

 初めは参加者も少ないと思います。しっかりと形になるまでに3年はかかると思います。次第に人が集まるようになり、介護に関わる方の学びの場となり、交流の場となり、支えの場になると思います。

 

 特別養護老人ホームで優先度の高いケアは排泄ケアです。オムツではなくトイレでの排泄を可能にするためのケアです。このテーマで3〜4ヶ月行います。

 

 先日の自立支援介護導入のための実践的研修【実践者編】でも紹介した塾です。

介護の専門性を高めたい方、つながりを作りたい方、日々の介護に疑問を感じている方、介護について話したい方など是非ご参加ください。

2019年

10月

17日

work with Pride「PRIDE指標2019」最高ランク(ゴールド)の認定を受けました!

ブログをお読みの皆様へ

 

 ご報告させていただきます。ダイバーシティー&インクルージョンの一環としての法人の取組が評価され、work with Pride「PRIDE指標2019」最高ランク(ゴールド)の認定を受けました。

 JAL、ソフトバンク、GAP、LIXIL、ヤフー、サントリー、パナソニック、日産などの大手企業と並んで、医療・福祉の業界では唯一、社会福祉法人白岡白寿会がゴールド認定を受けました。

 

 身に余る光栄です。今後とも「働きやすい職場づくり」に邁進してまいります。

2019年

10月

15日

振り返りが大切かと、今週「LEADERS」を観ました。

今週は振り返りのために「LEADERS」を観ました。TBSの旧ドラマです。トヨタ自動車の話です。
 初心に返ると言いますか、今だから必要だったのか、とにかく良い機会になりました。
 今日は偶然ですが、トヨタの労使交渉のニュースが入りました。「変われない社員」への警告、というタイトルでした。ドラマの「LEADERS」でも、組合と会社が危機感を共通理解することがクライマックスでした。
 国と医療法人、社会福祉法人の関係。各事業所と利用者の関係。配送業者と利用者の関係。コンビニとお客さんの関係。保育園と利用者の関係。
 お互い様の精神が本当に必要な時代だと痛感します。何事もやってもらって当たり前の時代ではないと思います。予定通りの配達が当たり前ではなく、コンビニが無休が当たり前ではなく、こういう時代だからこそ、お互い様の精神が必要だと感じます。サービス提供者も利用者も、店もお客様も、会社も働き手も。
 今までこうだったは通用しない、変化は常と理解し、その時々で会社、法人、組織、働き手がベストを尽くせることが必要だと思います。
 
 簡単にまとめると、日本は激動の時代に入っています。国の生き残りをかけた時代です。今、経営層にも現場にも「LEADERS」をオススメします。勉強になるし、振り返りになるし、それぞれの立場で今必要なこと、やるべきことに気がつけると思います。ブログをお読みのみなさまが騙されたと思って観ていただければ幸いです。

2019年

10月

15日

災害対策、積極的な準備としてデータはクラウドです。

今日は急ですが、四国に来ています。最先端の在宅医療、iotを見に来ました。
 iotといえば災害対策にもです。
 個人レベルですが、今回の台風で、MacBook Airが不調になりました。水滴程度でです。必要なデータがなかなか取り出せない。完全に準備不足でした。

反省点
①外付ハードディスクにバックアップを定期的に取っていなかった。
②PCを耐衝撃、防水性のあるケースに入れてなかった。
③クラウドが便利だとわかっていながら変化を嫌って取り入れていなかった。

 今日、何とかデータはほぼ取り出せました。今回学んだことは、データは外付けハードディスクではなく、オンラインストレージ、クラウドです。
 きっと法人も変わらないといけない時期だと思います。同じことが起こりえます。法人単位では、明日からというわけにもいかないですが。
 個人レベルですが、反省点①②③を自動的にやれるように仕組みを作りました。①については、毎日バックアップと定期バックパップと分けて行います。
 仕事もプライベートもiotの時代です。