ようこそ!いなほの里ホームページへ

 はじめまして。社会福祉法人 白岡白寿会 特別養護老人ホーム いなほの里です。

当施設では「安心・やすらぎ・あふれる笑顔」をモットーに個人の尊厳を尊重した介護を実施しています。日々、一つでも多い笑顔が生まれるように職員一同で努めています。

 また、各職員がそれぞれのキャリアパスに応じた研修を計画的に受講できるよう支援し、介護業界のプロフェッショナルの育成に力を入れています。

 

*介護予防体操お休みのお知らせ*

介護予防体操に参加していただいている地域の皆さま、いつもありがとうございます。

急なお知らせで申し訳ございませんが、都合により7/18(水)~7/26(木)まで介護予防体操をお休みさせていただくことになりました。

各会場にお知らせを出しておりますので、ご確認ください。

よろしくお願いいたします。

居宅介護支援事業所、訪問介護事業所新規開設

平成30年4月より、地域の在宅介護に貢献できるよう新規事業を開始しております。

 

 話しやすいケアマネージャーと自立支援ケア(「自分でできる」を増やす介護)を実践できる訪問介護職員を配置しています。

 新たにケアマネージャーをお探しの方や訪問介護サービスをお探しの方は、お気軽にご連絡ください。

 

いなほの介護相談窓口:介護のお悩みを解決する相談窓口

 介護についての「わからない」や「お困りごと」をあなたと一緒に考える、いつでも聞きやすい、話しやすい相談窓口です。利用者さまそれぞれに合ったケアプランを提案いたします。

 介護保険のことや要介護認定の手続きなど、専門のケアマネージャーにご相談ください。

 

いなほの訪問介護:「自分でできる」を増やす訪問介護

 高齢者の「自分でできること」を増やす自立支援介護を行います。本人の自立は、在宅介護の負担を軽減します。

 本人を主体とした自立支援を基本とし、必要時には日常生活の援助も実施します。

 

認知症カフェのリニューアルについて

平成30年4月より、

いなほの認知症カフェ(オレンジカフェ)をリニューアルいたします!

 

内容:

14時00分~14時20分 笑いヨガ

※まずは笑いヨガで気持ちをほぐします。笑いヨガの詳細についてはこちら

14時30分~16時00分 認知症や高齢期に関する学習会

※DVDや資料等を用いた勉強会を行い、認知症や高齢期についてみんなで勉強します。認知症のことだけでなく、終末期のことなどについても、地域のみなさまと共に理解を深めていきたいと思います。

 

日時:毎月、第4土曜14時~16時

費用:無料

 

関連ブログ

 

地域での介護予防体操を開始します

平成30年4月第3週目より、

地域つながり員(予防せんせい)による

いなほの里介護予防体操 を近隣の各地域で開始いたします。

 

9時15分~9時45分

毎週火曜:中央公民館

毎週水曜:沖山区民会館

毎週木曜:コミュニティーセンター

毎週金曜:小久喜区民会館

※忘れずにお飲物をご持参ください。

 

詳細は関連ブログにて

 

関連ブログ 

 

職員募集(年間休日120日、長期休暇取得可能、未経験歓迎)

埼玉県介護人材採用・育成事業者認証制度において最高ランクに認定されています。

いなほの里の特徴

① いなほの里は人を大切にします。

② 年間休日120日リフレッシュ休暇(7日)長期休暇取得可能です。

③ 残業が少なく、定時帰宅を奨励しています。

多様なはたらき方の実現に取り組んでいます。

⑤ 明確なキャリアパスがあり、やる気次第で昇格・昇級していきます。

⑥ 研修制度が充実しており、個別にスキル・キャリアアップ支援をしています。

⑦ 職員相談窓口があり、直属の上司以外にも相談相手がいます。

⑧ 地域つながり員制度があり、地域とのつながりを大切にします。

⑨ 無資格者・未経験者の受け入れ態勢もあり、資格取得支援制度があります。

実務者研修無料受講制度各種資格取得支援制度があります。

 

当法人は

埼玉県介護人材採用・育成事業者認証制度において最高ランクに認定されています。

 

いなほの里の一員となり働いていただける皆様のご応募をお待ちしております。

 

詳しくは、採用情報をご覧ください。

 

平成30年度 社会福祉法人白岡白寿会 重点モデル行動
平成30年度 重点モデル行動.pdf
PDFファイル 67.7 KB
特別養護老人ホームいなほの里 キャリアパスフレーム
特別養護老人ホームいなほの里 キャリアパスフレーム(2017.4.1版).pdf
PDFファイル 243.8 KB

新着情報

2018年

7月

16日

7/14(土)は毎年恒例の暑気払いを行いました!

 7/14(土)は暑気払いを行いました。常勤、非常勤、短時間パートさん及びその子供たち、今回は49名(職員40名プラス子供9名)参加されました。

 夏なので、近所の魚庄へ。子供たちも9名参加。ドリンクの注文がメロンクリームソーダやコーラフロート、コーヒーフロートと夢の国のようなテーブルになっておりました。職員の皆さまも、普段は同じ時間帯に働かない方同士の交流もあり、非常に有意義な時間となりました。

 当日、改めて実感しましたことは、ナースチームは非常に勢いがあります。お仕事もきっちりこなしていただけ、宴会もしっかり盛り上げていただけます。短時間パート部隊も、しっかりとしたチームワークで頑張っていただけています。介護部門も新しく昇格した職員さんを中心に今まで以上に盛り上げていきましょう。「介護はプロの仕事であること、専門職にしかできないことをしっかりと結果で示す。」、みなさまなら必ずできると思います。

 各部門でチームプレーがあり、施設全体でチームプレーと連携があり、法人全体で”お互いさまの精神”を大切にする。”日本でいちばん大切にしたい会社”に選ばれるよう、しっかりと一歩一歩より良い職場を作っていきましょう。

 

 8月から新しい取り組みを開始します。職員みんなが”人の良いところを見つけるのが得意な人”となることができると幸いです。

 

 職員の皆さまへ

「いなほの里ではたらいていただきありがとうございます。これからも”お互いさまの精神”を大切に、チームプレーでお願いいたします。いつもありがとうございます。」

2018年

7月

14日

満員御礼!これからの介護”自立支援ケア”講座 in 大宮

 これからの介護”自立支援ケア”講座にご参加いただいた皆様、ご協力頂いた皆様、本当にありがとうございました。

 藤仁館医療福祉カレッジ大宮で開催しました。30名の部屋は満員でした。他の専門学校や資格学校の生徒さんも多く参加されていたことや、他の法人の職員さんも参加されており、自立支援ケアに関心の高い方の多さに驚きました。その後の施設見学会にも10名程度来ていただきました。

 これから介護の仕事につかれる方は希望を持って就職されます。彼らが介護の仕事を選ぶ理由は、”働きがいのある仕事だと思ったから”が半数です。”働きがい”と”やりがい”を感じることのできる介護、”自立支援ケア”が実践できる施設が増えていくことが必要です。トップはしっかりと夢(ビジョン)を語ってください。

 いなほの里も、”よくする介護”のベースを作り上げている段階ですので、100%全員ができている訳ではありません。完成形まであと2年程度掛かるのではと考えています。みなさまにもいなほの里の目標と取組みを見ていただければ幸いです。 

 

 本当にたくさんの方に面接や見学に来ていただいております。そして、高校生から専門学校生、大学生、社会人まで、ほとんどの方がいなほの里への就職を希望されます。すぐに全員を採用することはできないのが現状です。そのため、他の法人や他の施設で自立支援ケアに取り組めない環境で介護の仕事をしなければならない期間もあるかと思います。小さな法人であるため力不足で申し訳ありません。

 しかしながら、自立支援ケアに取り組みたい、我々の法人に就職したい、そのような介護職のみなさまが、「介護士がプロとして、自分の仕事に誇りと自信を持ち、結果を示すことができる場」を必ずや増やして見せます。しっかりと計画を実行していきます。

 

吉田松陰

夢なき者に理想なし。理想なき者に計画なし。計画なき者に実行なし。実行なき者に成功なし。故に、夢なき者に成功なし。

 

2018年

7月

13日

遠方より法人の職員さんと設計士さんが見学相談に来られました。

 7/13(金)は愛知県より法人の職員さんと設計士さんが見学相談に来られました。

以前より交流のある法人さんで、自立支援介護型の施設に変えたいとのことでした。いなほの里の生活リハビリ環境を見ていただきました。

 環境は投資すれば変えることができます。従来の「お世話型介護」(←私感です。)から自立支援介護への転換は投資だけでは変わりません(←私感です。が、そうだと思います。)。

 職員の皆さまを教育する環境を作り、”知識・技能、思考力・判断力、マインド”(←学習指導要領の生きる力的な)を変える必要があります。本気になってチームプレーで頑張っていただければ幸いです。

2018年

7月

07日

7/14(土)これからの介護”自立支援ケア”講座 in 大宮

昨日は、これから埼玉県で介護のお仕事に就かれる方々12名の施設見学を受け入れいたしました。

ご利用者さま、ご家族さま、職員のみなさま、ご協力いただきありがとうございました。

 

 

昨日参加された皆様には、これからの介護”よくする介護”と、いなほの里での取り組みについてお話させていただきました。非常に関心を持っていただける方が多かったようです。

 

さて、自立支援ケアの講座がいよいよ来週となりましたのでお知らせいたします。

 

 

H30.7.14(土)10:00~12:00 藤仁館医療福祉カレッジ大宮校にて、

これからの介護”自立支援ケア”講座を開催します。

 

H30.7.14(土)14:00~15:00は施設見学も行いたいと思います。

※受け入れ人数に制限がありますので、講座の参加者を優先させていただきます。

※ご利用者さま、ご家族さま、職員のみなさま、ご理解とご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

  

 大変光栄なことで、特別養護老人ホームいなほの里の取組を評価していただける医療福祉学校より講座開催の依頼を受けました。一人でも多くの方々に「やりがい」と「はたらきがい」を感じる自立支援ケアを広めていくことができるよう、短い時間ですが、わかりやすく、面白く、腹に落ちる授業ができるようしっかりと準備いたします。

 

講座と施設見学は申込先が異なりますのでご注意ください。

※本講座への参加申込は 藤仁館医療福祉カレッジ大宮校 電話 048-640-4400 まで 

※施設見学の参加申込は 特別養護老人ホームいなほの里 電話 0480-90-5557 まで 

 

 

これからの介護”自立支援ケア”講座

 

よくする介護とはなんだろう?

介護の「やりがい」「はたらきがい」はどこにあるのだろう?

これからの介護「自立支援ケア」「生活リハビリ」「生理学」について学びたい!

 

埼玉県で唯一、「理想の特別養護老人ホーム全国58施設」に選ばれた特別養護老人ホームいなほの里での取り組みから、これからの介護「自立支援ケア」を学びます。介護とは、「高齢者が自分でできることを増やすことにより、選択肢を増やすこと」である。高齢者も家族も介護士も、みんなハッピー、「やりがい」と「はたらきがい」を感じる、いなほの基本ケアを紹介します!

 

※本講座に関するお問い合わせは、

 藤仁館医療福祉カレッジ大宮校 電話 048-640-4400 まで

ダウンロード
これからの介護自立支援ケア講座.pdf
PDFファイル 24.3 MB

 

2018年

6月

24日

いなほの認知症カフェ”認知症を予防する 水の力”

 昨日はお足元の悪い中、いなほの認知症カフェに16名の方々にご参加いただきました。

今回は、季節がら脱水にも注意していただきたいため、”認知症を予防する 水の力”と題して勉強会を開催しました。

 

 中でも会場をどよめかせたスライドがこちらです。

 

250~500ml(コップ1杯~ペットボトル1本)の欠乏で、意識障害になります!

 

 そうですよね、ものすごく分かりやすく表現したらこういうことなんです。

 

「家族のことも誰が誰だかわからないようにはなりたくない。」とみなさまお話されていました。「飲まなきゃいけないのは分かったけど、どうやってたくさん飲めばいいんだろう」、こんな言葉もありましたので、いなほの里での取り組みを紹介しています。元気高齢者の方が自分でできるチェックシートが必要なのかもしれませんね。

 

次回は認知症と便秘のお話を検討中です。

暑い時期なので特に体調と認知症を関連付けて勉強できればいいのかなと思います。

 

参考資料:

・「水をたくさん飲めば、ボケは寄り付かない」竹内孝仁(著)

・ いなほの基本ケア ②水分ケアをする