ようこそ!いなほの里ホームページへ

 はじめまして。社会福祉法人 白岡白寿会 特別養護老人ホーム いなほの里です。

当施設では「安心・やすらぎ・あふれる笑顔」をモットーに個人の尊厳を尊重した介護を実施しています。日々、一つでも多い笑顔が生まれるように職員一同で努めています。

 また、各職員がそれぞれのキャリアパスに応じた研修を計画的に受講できるよう支援し、介護業界のプロフェッショナルの育成に力を入れています。

 

居宅介護支援事業所、訪問介護事業所新規開設

平成30年4月より、地域の在宅介護に貢献できるよう新規事業を開始しております。

 

 話しやすいケアマネージャーと自立支援ケア(「自分でできる」を増やす介護)を実践できる訪問介護職員を配置しています。

 新たにケアマネージャーをお探しの方や訪問介護サービスをお探しの方は、お気軽にご連絡ください。

 

いなほの介護相談窓口:介護のお悩みを解決する相談窓口

 介護についての「わからない」や「お困りごと」をあなたと一緒に考える、いつでも聞きやすい、話しやすい相談窓口です。利用者さまそれぞれに合ったケアプランを提案いたします。

 介護保険のことや要介護認定の手続きなど、専門のケアマネージャーにご相談ください。

 

いなほの訪問介護:「自分でできる」を増やす訪問介護

 高齢者の「自分でできること」を増やすための自立支援介護を行います。本人の自立は、在宅介護の負担を軽減します。

 本人を主体とした自立支援を基本とし、必要時には日常生活の援助も実施します。

 

生活相談員 募集(いなほの里)

明るく、素直に学べる方!未経験の方も大歓迎!

【募集中】生活相談員(正職員)

現在の生活相談員が昇格するため後釜の募集です!

 

朝の短時間パート募集(いなほの里)

朝の短時間パートさん募集です!

健康維持と認知症予防は、朝の社会参加(お仕事)から!

 

居宅ケアマネ募集(いなほの介護相談窓口)

居宅支援事業所の規模拡大のため、

単独居宅・1人ケアマネ事業所からの転職者を随時募集しています。

現在お持ちのプランはそのままお持ち込み可能です。

チーム化してよりより居宅介護支援を実現しませんか?

プランに入れる事業所を指定されるのが嫌で独立された方、当法人は利用者さん主体のケアプランをお願いしますので是非ご検討ください。

 

はたらき方が選べます。

※入職の時期についてはご相談可能です。

【募集中】居宅ケアマネ(一般、フレックス)

【募集中】居宅ケアマネ(短時間正職員、フレックス)

【募集中】居宅ケアマネ(週4正職員、フレックス)

 

訪問介護管理者候補・正職員・登録ヘルパー募集

登録ヘルパーを募集しています。

未経験者歓迎!年齢・経験不問!Wワーク大歓迎!

安心して働いていただけるよう、同行研修をしっかり行います!

ライフスタイルに合わせた仕事が可能!
身体介護に自信のない方は自信がつくまで同行研修を行います!
生活援助中心(掃除、買い物、調理など)も歓迎します!
得意な分野で活躍していただきます!

生活援助と日常生活総合支援事業は、主婦の経験が最大限に活かせます!

特別養護老人ホームいなほの里での、短時間パートとのWワークも可能です!!!

【募集中】登録ヘルパー(パートタイム)

 

認知症カフェの冬季休業(4月まで休止中)

会場が特別養護老人ホーム内であるため、

平成30年11月~平成31年4月まで、

感染症予防のため冬季期間は休止しています。

 

4月になりましたら再開予定です。

内容:

14時00分~14時20分 笑いヨガ

※まずは笑いヨガで気持ちをほぐします。笑いヨガの詳細についてはこちら

14時30分~16時00分 認知症や高齢期に関する学習会

※DVDや資料等を用いた勉強会を行い、認知症や高齢期についてみんなで勉強します。認知症のことだけでなく、終末期のことなどについても、地域のみなさまと共に理解を深めていきたいと思います。

 

日時:毎月、第4土曜14時~16時

費用:無料

 

関連ブログ

 

職員募集(年間休日120日、長期休暇取得可能、未経験歓迎)

engage

※求職者のみなさまが見やすいよう、試験的に採用専用ページを作りました。

ご応募・お問い合わせは、

採用ページのアカウントを作成せずに、

現在ご覧のこちらのホームページまたはお電話でも可能です。

当法人は

埼玉県介護人材採用・育成事業者認証制度において最高ランクに認定されています。

埼玉県多様な働き方実践企業(ゴールド)に認定されています。

埼玉県シニア活躍推進宣言企業に認定されています。

いなほの里の特徴

① いなほの里は人を大切にします。

② 年間休日120日リフレッシュ休暇(7日)長期休暇取得可能です。

③ 残業が少なく、定時帰宅を奨励しています。

多様なはたらき方の実現に取り組んでいます。

⑤ 明確なキャリアパスがあり、やる気次第で昇格・昇級していきます。

⑥ 研修制度が充実しており、個別にスキル・キャリアアップ支援をしています。

⑦ 職員相談窓口があり、直属の上司以外にも相談相手がいます。

⑧ 地域つながり員制度があり、地域とのつながりを大切にします。

⑨ 無資格者・未経験者の受け入れ態勢もあり、資格取得支援制度があります。

実務者研修無料受講制度各種資格取得支援制度があります。

 

いなほの里の一員となり働いていただける皆様のご応募をお待ちしております。

詳しくは、採用情報をご覧ください。

 

平成30年度 社会福祉法人白岡白寿会 重点モデル行動
平成30年度 重点モデル行動.pdf
PDFファイル 67.7 KB
特別養護老人ホームいなほの里 キャリアパスフレーム
特別養護老人ホームいなほの里 キャリアパスフレーム(2017.4.1版).pdf
PDFファイル 243.8 KB

新着:いなほのブログ

2019年

1月

15日

生活相談員を募集します!

 数年ぶりに生活相談員を募集します。現在の生活相談員さんが昇格するためです。

3年でチャンスを掴む方もいます。次の後釜を募集中です。

チームプレーを大切にし、向上心がある方を希望します。

 

ご応募の際は、 当法人独自の就職支援金制度を是非ご活用ください。

 

しっかりと相談に来られる方の話を傾聴でき、認識即行動ができ、地域とつながることができ、結果を数字で管理できる相談員に育てます。

未経験の方も歓迎、素直に学べる方のご応募をお待ちしております。

 

【募集中】生活相談員(正職員)

2019年

1月

15日

施設全体の自己効力感へと役立つ、とても良い提案です。

わかりやすく、理由が明確で、メリットがしっかりわかる。

とても良い提案です。

 

”自立性の向上や職員の負担軽減、施設全体の自己効力感へと役立つと考えています。”

早速、発注しています。新しい良い風吹かせて、以前からいるメンバーとより良い施設にしていってください。

 

自己効力感の向上=自分たちの仕事に”自信”が持てます。

 

 

注目の求人:特別養護老人ホームいなほの里

入職は2月1日~4月1日までに、1名募集!

【募集中】介護職員(正職員、夜勤あり)

 

いなほの里で、 

いなほの里のメンバーと、 

いなほの基本ケア(自立支援ケア)を実践・進化させていきたい方は、 

是非、見学・面接にいらしてください。

 

介護の基本理念は、自立支援です。 

”プロならプロらしく、自分たちの仕事に誇りと自信を持ち、仕事の結果を示すこと。” 

これが、”はたらきがい”と”やりがい”に繋がると思います。 

 

2019年

1月

12日

ピア まちをつなぐもの メインビジュアルができたようです。

 ケアニンのスピンオフ作品、ピアのメインビジュアルが完成したようです。協賛とまではいきませんが、いなほ系3事業所がゴールドサポーターです。1人でも多くの地域の皆さまが完成した映画を見ることができるように、ケアニンに続いて上映会を開催します。
地域の医療介護連携がテーマです。サポーターの上映会解禁まで、今しばらくお待ちください。遠方まで行かれなくてもいいように、白岡市内での上映会を予定してます。

2019年

1月

09日

認知症に希望!「科学的介護」最前線 1/10クローズアップ現代

 明日のクローズアップ現代は、科学的介護最前線。科学的根拠に基づく認知症ケアの特集なのでしょうか?タイトルだけで興味津々です。
  これからの時代は要介護の主たる原因が変わります。身体介護モデルから認知症ケアモデルに変わります。なぜかと言いますと。

「みなさんの知っている要介護4ー5の90代高齢者の歯を思い浮かべてください。」

「自分の歯ですか?それとも入歯ですか?」

「入歯ということは、予防の概念がない時代の方ですよね。口腔機能は身体機能に影響します。だから身体介護モデルの要介護者が多いのです。加えて、要介護という言葉もできて20年そこそこ、介護予防も一般的ではなかった時代の方々です。」

「今後増える高齢者はどんな世代ですか?団塊世代ですよね?」

「今の70代で入歯の方は多いと思いますか?」

「ほとんどいませんよね。なので、身体的には元気です。」

「そうすると今後増える要介護者は?」

「身体的には元気な認知症要介護者だと思いませんか?」

数年前に、地域包括ケアシステム研究会 田中茂先生があるシンポジウムで、このようにお話しされました。

それ以来、私は認知症ケアが根拠に基づく介護になる必要があると考えています。もちろん、人間学的認知症ケアも大切です。大きく自立支援ケアは2つの流れがあると思います。科学的介護の竹内先生理論、生活リハビリの三好春樹先生理論。この2つ認知症ケアでも根幹は同じだと感じています。言い回しやアプローチが異なる点もありますが、同じことを言われていると個人的に感じます。

もし今回のクローズアップ現代で全く違う、あるいは今まで自分が知らなかったことが学べたらと思うととても楽しみです。

今日もツイテルツイテル!

2019年

1月

09日

業務改善、大根ノート?

 今日は主任会議でした。業務改善委員会の設置はどうかとか、連絡系統のスマートかとか、その他諸々議題はありました。
 「業務改善提案書(①現状、②改善案、③理由みたいなステップ)というものを作って、みんなの意見を引き出してはどうですか?普段発言しない方も発言しやすいのでは?そして、採用された案は、ありがとうカードのように表彰対象又は社長賞とか。」という発言に対し、「そういうノートを最近始めました。みんなが書きやすいようにかわいいノートにしています。一番年下のJさんに作ってもらいました。みんな色々な意見を書いてますよ。気づきとこうしたいとか。」で、ノートを見せてもらいました。

 なんとも可愛らしいノートです。

業務改善提案ノートに大根の絵が書いてあると思い、「大根の絵が書いてあるね。」というと、
「ホウレンソウです。」とのことでした。

まとめると、このノートは素晴らしいです。提案をいただき、リアクションプランまで書いてある。しかも済んだら済になっている。紙ベースの超アナログなこんな素晴らしいノートができたんですね。一番年下の子に役割も作って、大変嬉しく思います。

新着:いなほのインスタ