ようこそ!いなほの里ホームページへ

 はじめまして。社会福祉法人 白岡白寿会 特別養護老人ホーム いなほの里です。

当施設では「安心・やすらぎ・あふれる笑顔」をモットーに個人の尊厳を尊重した介護を実施しています。日々、一つでも多い笑顔が生まれるように職員一同で努めています。

 また、各職員がそれぞれのキャリアパスに応じた研修を計画的に受講できるよう支援し、介護業界のプロフェッショナルの育成に力を入れています。

 

居宅介護支援事業所、訪問介護事業所新規開設

平成30年4月より、地域の在宅介護に貢献できるよう新規事業を開始しております。

 

 話しやすいケアマネージャーと自立支援ケア(「自分でできる」を増やす介護)を実践できる訪問介護職員を配置しています。

 新たにケアマネージャーをお探しの方や訪問介護サービスをお探しの方は、お気軽にご連絡ください。

 

いなほの介護相談窓口:介護のお悩みを解決する相談窓口

 介護についての「わからない」や「お困りごと」をあなたと一緒に考える、いつでも聞きやすい、話しやすい相談窓口です。利用者さまそれぞれに合ったケアプランを提案いたします。

 介護保険のことや要介護認定の手続きなど、専門のケアマネージャーにご相談ください。

 

いなほの訪問介護:「自分でできる」を増やす訪問介護

 高齢者の「自分でできること」を増やす自立支援介護を行います。本人の自立は、在宅介護の負担を軽減します。

 本人を主体とした自立支援を基本とし、必要時には日常生活の援助も実施します。

 

訪問介護管理者候補・正職員・登録ヘルパー募集

訪問介護事業所長(管理者)を募集しています。

訪問介護事業所の管理者、事業所長の経験のある方歓迎 !

目配り、気配り、心配りができ、メンバーにやさしく、誰とでも笑顔で話せる方!

【募集中】訪問介護管理者候補

 

常勤訪問介護職員を募集しています。

常勤ヘルパーの増員募集です!経験不問!

特養母体なので安心安定の訪問介護事業所です!

在宅介護をしっかり支援する”やりがいのある訪問介護”、増員募集です!

【募集中】訪問介護職員(正職員)

【募集中】訪問介護職員(契約職員)

 

登録ヘルパーを募集しています。

未経験者歓迎!年齢・経験不問!Wワーク大歓迎!

安心して働いていただけるよう、同行研修をしっかり行います!

ライフスタイルに合わせた仕事が可能!
身体介護に自信のない方は自信がつくまで同行研修を行います!
生活援助中心(掃除、買い物、調理など)も歓迎します!
得意な分野で活躍していただきます!

生活援助と日常生活総合支援事業は、主婦の経験が最大限に活かせます!

特別養護老人ホームいなほの里での、短時間パートとのWワークも可能です!!!

【募集中】登録ヘルパー(パートタイム)

 

居宅ケアマネ募集(いなほの介護相談窓口)

居宅ケアマネ1名の募集です。

はたらき方が選べます。

入職時期は平成31年1月~、今回の募集は経験者のみご応募可能です。

※入職の時期については条件によりご相談可能です。

【募集中】居宅ケアマネ(一般、フレックス)

【募集中】居宅ケアマネ(短時間正職員、フレックス)

【募集中】居宅ケアマネ(週4正職員、フレックス)

 

認知症カフェのリニューアルについて

平成30年4月より、

いなほの認知症カフェ(オレンジカフェ)をリニューアルいたします!

 

内容:

14時00分~14時20分 笑いヨガ

※まずは笑いヨガで気持ちをほぐします。笑いヨガの詳細についてはこちら

14時30分~16時00分 認知症や高齢期に関する学習会

※DVDや資料等を用いた勉強会を行い、認知症や高齢期についてみんなで勉強します。認知症のことだけでなく、終末期のことなどについても、地域のみなさまと共に理解を深めていきたいと思います。

 

日時:毎月、第4土曜14時~16時

費用:無料

 

関連ブログ

 

職員募集(年間休日120日、長期休暇取得可能、未経験歓迎)

engage

※求職者のみなさまが見やすいよう、試験的に採用専用ページを作りました。

ご応募・お問い合わせは、

採用ページのアカウントを作成せずに、

現在ご覧のこちらのホームページまたはお電話で可能です。

 

埼玉県介護人材採用・育成事業者認証制度において最高ランクに認定されています。

いなほの里の特徴

① いなほの里は人を大切にします。

② 年間休日120日リフレッシュ休暇(7日)長期休暇取得可能です。

③ 残業が少なく、定時帰宅を奨励しています。

多様なはたらき方の実現に取り組んでいます。

⑤ 明確なキャリアパスがあり、やる気次第で昇格・昇級していきます。

⑥ 研修制度が充実しており、個別にスキル・キャリアアップ支援をしています。

⑦ 職員相談窓口があり、直属の上司以外にも相談相手がいます。

⑧ 地域つながり員制度があり、地域とのつながりを大切にします。

⑨ 無資格者・未経験者の受け入れ態勢もあり、資格取得支援制度があります。

実務者研修無料受講制度各種資格取得支援制度があります。

 

当法人は

埼玉県介護人材採用・育成事業者認証制度において最高ランクに認定されています。

 

いなほの里の一員となり働いていただける皆様のご応募をお待ちしております。

 

詳しくは、採用情報をご覧ください。

 

平成30年度 社会福祉法人白岡白寿会 重点モデル行動
平成30年度 重点モデル行動.pdf
PDFファイル 67.7 KB
特別養護老人ホームいなほの里 キャリアパスフレーム
特別養護老人ホームいなほの里 キャリアパスフレーム(2017.4.1版).pdf
PDFファイル 243.8 KB

新着情報

2018年

9月

24日

講座名(仮)介護の仕事に就く前に、 知っておきたい看取りのこと

H30.11.10(土)10:00~12:00 藤仁館医療福祉カレッジ大宮校にて、介護の講座を開催します。 

 

 大変光栄なことで、7月に行った”自立支援ケア”講座が好評だったようで、別テーマでの講座開催の依頼を受けました。介護のお仕事に就く前に、多死社会でのお看取りについて学生さんと勉強したいと思います。

 

講座名(仮)

介護の仕事に就く前に、

知っておきたい看取りのこと

 

内容(案)

お看取りって実際にどうなの?

救急搬送?延命治療?人工呼吸器、胃ろう?結局、誰が決めるの?

どうしてほしいか話している人、知っている人はいるの?

 

人は必ず最期を迎えます。

介護の仕事に就けば、終末期に関わることが必ず増えてきます。

価値観は人それぞれですが、じっくりと考えることはとても大切です。

この機会に、みんなで考えてみませんか?

 

詳細が決定しましたら、再度お知らせいたします。

お問い合わせは詳細公表の後にお願いいたします。

 

※現在、外部での講師は施設長が出向しております。近い将来、現場職員が、専門学校等の外部で講師を務めることができるようにしていきたいと思います。

2018年

9月

16日

樹木希林さん御逝去「死ぬときぐらい好きにさせてよ」

出所:宝島社企業広告

「人は必ず死ぬというのに。

長生きを叶える技術ばかりが進歩して

なんとまあ死ににくい時代になったことでしょう。

死を疎むことなく、死を焦ることもなく。

ひとつひとつの欲を手放して、

身じまいをしていきたいと思うのです。

人は死ねば宇宙の塵芥。せめて美しく輝く塵になりたい。

それが、私の最後の欲なのです」 

 

樹木希林さん御逝去。

紛れもないスターであったと思います。ご本人の希望の通り、宇宙の美しい塵(星)となられたと思います。

 

樹木希林さんのコメントから抜粋

「生きるも日常、死んでいくのも日常」

死は特別なものとして捉えられているが、死というのは悪いことではない。

そういったことを伝えていくのもひとつの役目なのかなと思いました。

 

 

以下、先日のブログから

週刊東洋経済 最新号では「親の看取り方」が特集されています。多死時代を目前に、親子で前もって最期について話すことの大切さを感じることができます。

 看取り経験者の本音、”延命治療をするか否かで苦慮”、”終わりが見えない不安”、”きょうだい間で対立”、”突然、親の容体が悪化”、”親の本音を聞けず”、”看取る場所で悩んだ”、”医師とうまくコミュニケーションできなかった”、たくさんの方のご家族と利用者さまを看取った、いなほの里でも実際にあったことと同じようなことも多数あります。

 来たる多死時代、みなが自分のこととして考えなければならない、看取りと自身の最期。今一度、”ACP(前もって計画を立てておくこと)”と”生きることの質”、”幸せな逝き方”について考えたいものです。

関連ブログ1

 

樹木希林さん、最後は自宅で家族に見守られて旅立たれたそうです。

いなほの里のロビーに、閲覧用で「家で看取ると云うこと」(たんぽぽ企画)を置いております。研修用の書籍で施設に20冊以上あります。複数名でご覧になられたい方は事務所までお声がけください。

2018年

9月

10日

残業届け、「いやー、こっちが申し訳ないですよ。」

 先週のお話です。先日、残業届けを提出に来た職員さんがおりました。ちょうど、事務所にいたもので、直接手渡しで受け取り、休日残業に記入があったため、「休日に働いていただき申し訳ないです。」と伝えたところ、彼は「いやー、研修費用まで出してもらった上に、受講時間を割り増しでもらってしまって。こっちが申し訳ないっすよ。」と。
 流れはともあれ、こういう返しができるのはいいことだと思います。

 なんだか、アメリカにいた時はこんな返しが日常的で。6年住んで、ネガティブなことって、ほぼない毎日だったなと、懐かしくなりました。
 今日は移動の合間に2回ほどスタバで仕事しておりました。スタバはスタバで懐かしくなります。と言いますのも、2000年代半ばニューヨークは100mおきにスタバがある状態で、横断歩道を渡ると次のスタバだったりと。一番良く使ったのは8st 3rd Av。冬場はTシャツで過ごせる店内から、外に出た瞬間に氷点下になります。懐かしいなと。
 そういえば、最近ですが、アメリカのスタバは地域に開放されています。勝手に中にいていいですよ、と。空のカップを持ち歩いて、中に滞在する必要はないと。
 こんな感じです。

ニューヨークって働き方も自由な感じです。稼ぎたい人もいれば、ちょっと収入が少なめでも趣味に当てる時間が欲しい人など。ワークライフバランスを大切にしています。「その人らしい働き方」があります。それがあっての「自分らしい生き方」かなと思います。

当法人が多様な働き方を推進する理由はここにもあります。価値観として。もちろん、地域に正規雇用を増やすという社会的メリットも大切にしています。

ついでに、当法人が長期休暇にこだわる理由もあります。他国では当たり前であっても、日本では当たり前でないことが沢山あります。ユニバーサル就労においても。環境保全においても。もちろん死生観やQOLにおいても。4倍ぐらい大きな組織にして、4倍の長期休暇制度、2ヶ月連続休暇なんか実現できたらいいなと思います。

地域共生社会という将来に向けて、とある中米の国のユニバーサル就労をモデルにして。。。ニューヨークの〇〇をモデルにして。。。オーストリアの〇〇を〇〇〇〇で。。。と、やりたいこともたくさんです。

しかしながら、まずは、地域の高齢介護から。
当法人では居宅ケアマネを増員募集中です。
訪問介護はもっと人が必要、事業所の管理者経験があれば尚可。
本部も特養も。

たくさんのみなさまの力を必要としています。
お仕事をお探しの際は、是非ご応募ください。
 

2018年

8月

22日

採用ページを試験的に作成しました。

engage

※求職者のみなさまが見やすいよう、試験的に採用専用ページを作りました。

ご応募・お問い合わせは、

採用ページのアカウントを作成せずに、

現在ご覧のこちらのホームページまたはお電話で可能です。

 

同一労働同一賃金の考え方により、

夜勤専従パートの条件が大幅に変更となっています。

2018年

8月

13日

毎日毎日、大変なお仕事をしていただき本当にありがとうございます

 リフレッシュ休暇の多い8月に、腰痛で療養のため働けない方、突然退職される方がおりまして、ギリギリの人数で8月に入りました。このような状況ではどうしても、休日に出勤していただく方が必要となります。自ら率先して”自分この日は出勤できます。”と言ってくれる職員さん、”夕方だけでもきます。”と言っていただける職員さん、”8月は日数増やします。”と言ってくれる非常勤の方、みなさまのご協力に感謝しております。

 365日24時間、利用者の生活を支えていくことは並大抵のことではありません。人が少ない日にも、嫌な顔一つせず対応する職員さんを見ていると、なんと出来た人たちなのだろうと感心します。

 全産業の労働者人口が不足していく中で、介護業界も例外ではなく必要最小限人員で質(介護保険内)を保っていく必要があります。一昨日は、2025年の埼玉県介護人材充足率77.4%と同等の状況を自施設で体験しました。その日に、実際に現場で介護をし、2025年の介護施設の状況を体験してよかったと思いました。その時代の介護施設に、何が本当に必要なのかが理解できたからです。

 いなほの里の職員の皆さまが、埼玉県の介護人材不足がどんな状況になったとしても、疲弊して介護の仕事自体をやめていくことがないように、しっかりと準備していきます。

 

 毎日毎日、介護職員さんをはじめ、施設運営にかかわる皆様には大変なお仕事をしていただき本当に感謝しております。ありがとうございます。

 

 

余談ですが。。。。

”人がいないから”転職を考えている埼玉県介護職の皆さまへ

 

 日ごろから就職フェアやジョブフェアに参加していますが、先日、福祉の仕事就職フェアに参加させていただいた際の感想です。先日も転職を希望する方が多く参加されており、どのブースでも転職を考える理由を確認されておりました。印象的だったのはやはり”人がいないから”です。埼玉県の介護職員のみなさま、”人がいないから”という理由での転職は考え直された方がよいと思います。そもそも、埼玉県の介護人材充足率は現在約90%です。なので、どこに行っても人数で負担を軽減することはできないはずです。どこも1欠か2欠。なので、”人がいないから、どうするか”を考えてください。

 

 経験者であってもすぐに新しく務める施設では1人前介護職ではありません。人がいないからを理由に県内みんなで転職していると、埼玉県中の施設が”いつも、経験者であっても新人だらけ”となってしまいます。人さえいればどうにかなる、人がいくらでもいる、そんな時代は終わりました。県内を危機的な状況にしないためにも、一度、今のチームのみんなでどうしていくのか考えてから、転職を考えましょう。現在はまだ、転職の多い方を採用する施設もあると思いますが、この1年でなくなると思います。「経験者がいい。でも転職の多い方を入れるぐらいなら、未経験を入れてください。」これが、”人がいないから、どうするか”を考える介護職の考えですから。